転職する時に役に立つ資格というのは?

転職する際に求められる資格というものは、専門職の他ではそんなに多くないようですが、所持する資格が有利に働くという点では、結局、国家資格が強いようです。
とくに、土木・建築関係では建築士のような「業務独占資格」と言われているこういった資格を持たないと事実上業務につけないというような仕事が多いものなので、絶好の狙いどころかもしれません。
転職する時に、身内と話すことはかなり大切です。
でも、有効な助言が欲しい場合には、今の仕事の状況の詳細を知っている同僚に相談した方がいいかもしれません。
ともに働いているからこそできるアドバイスがあるでしょう。
勤務先に信頼できる方が存在しない時は、転職したことのある友達に相談してみるのがいいと思います。35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。
これは35歳を超えると転職が不可能となるという説です。まだこんな説が出回っていますが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。
現在はどの企業も生き残りに一生懸命ですから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
中小企業は色々な経営課題を持っているので、中小企業診断士の資格を得ていれば、転職する時にも役立つでしょう。中小企業診断士は、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営上の助言をする専門家であり、経営コンサルタントに類似した役割だと考えてください。

Contents

HOME

未分類

pagetop