英語ができる方のほうが就職活動で有利なのか?

英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、メリットになる可能性が高いです。
楽天などに見られるように、社内で話せる言葉が英語だけという会社もあるくらいですので、英語に強いとライバルたちに比べて選択できる会社が増えて、有利だと言えます。
履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取得しておくのが得策でしょう。
通常、転職する時、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営知識を有することが証明されるので自分は会社にとって貴重な戦力になりうると扱ってもらうことができるでしょう。
法律を熟知する行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
仕事を変えたいと思ったときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取得していると採用へのアピールになってくれるかもしれません。
このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格になります。この資格を得るということは、つまり、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識やスキルが一定レベル以上にあると認められるわけです。
正社員に合格できない場合、その原因はその人の心構えにあるといえます。志望するその企業で働き、何がしたいのかがはっきりと決まっていないから、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。ちゃんと明確に、したい仕事が見つかって、情熱が伝わると学歴が必要になることもあるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。

Contents

HOME

未分類

pagetop