転職において退職理由が人間関係と答えるのは良くないでしょう

退職理由が人間関係の場合に、ありのままに、人間関係を転職理由とすると、人事の担当者は、「採用したとしても、似たような理由であまりもたずに退職してしまうのではないか?」と懸念してしまうでしょう。
直接の退職理由を伝えるのではなく、角の立たない転職理由を考えておいた方が首尾よく転職活動を進めることができます。労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視して仕事をしたい」、仕事にやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらに自らを成長させたい」と変えると印象が悪いものになりません。ネガティブな転職理由も表現を変更することで、ポジティブに受け取られます。
履歴書に書く場合は、150文字〜200文字といったところが理想です。
転職する際に求められる資格というのは、専門職の他はそれほど多くないようですが、取得した資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格を所持していると有利なようです。特に、建築業界や土木業界では建築士の資格を代表とする「業界独占資格」と言われるその資格を取得していないと現場で業務を実行できないという仕事が少なくないので、注目すべきかもしれません。
大手の企業に転職をした場合、収入が上がる事が多いですが、一番差が出るのはボーナスの金額でしょう。
中小企業の場合だと少ないボーナスだったり、業績によってはボーナスゼロの場合もあります。手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、年二回のボーナスがあるのであれば、それだけ収入が違ってくることとなります。

Contents

HOME

未分類

pagetop