転職理由で印象が悪くないものとは?

転職理由で当たり障りのないものは、スキルアップを目指したいためという理由が最も当たり障りなく、それに加え、相手企業にマイナスのイメージを与える恐れの少ない理由になります。
理由がスキルアップであるならば、当たり障りがないながらも、これからさらなるスキルアップを志しているというポジティブな印象を人事側に植えつけることができます。これといった目標もなしに大学を出て、仕事に就こうとしても、望み通りの職に就くのは難しいでしょう。
それで、仕事にやりがいを感じられずに辞めてしまって、転職しても、また辞めるという悪循環にはまってしまいがちです。
適職に一歩でも近づくためにも小さい頃からこれだという夢を持ち、努力することが大きなポイントです。転職するときの履歴書に、前職の会社名や勤務年数など、簡単な経歴を書くのみでは、履歴書をみた人事担当者にこれまでにやってきた仕事を知ってもらうことはできないのです。
どんな部署でどんな仕事を行い、どういった成果を残したのかやスキルを持つことができたかなどの説明を加えることで、人事に見てもらいやすくなります。
転職時の履歴書の書き方のコツですが、それまで在籍していた会社でどんな仕事をしていたのか、どんな業績があったのかなど、仕事でどんな成果を上げたのかをわかりやすく書くことが大切なところです。転職する際には、履歴書によって自己アピールすることが必要なのです。

Contents

HOME

未分類

pagetop