35歳転職限界説は崩れたって本当?

35歳転職限界説はよく聞かれますよね。
この説によると、35歳以上だと転職できなくなるというものです。
いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当は、どうなのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。
今では、どの企業も生き残るために必死になっていますから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
求職活動のコツはと言えばハローワークと求人のサイトを上手に使うことでしょう。
最近は、定年後のシルバー層が対象の人材バンクといったものもあって、それぞれに合った仕事を紹介してくれる所もあります。
人材バンク、人材紹介会社などを見つけて、履歴などを登録して、自分にマッチした仕事に出会えるようにするのが仕事の探し方としてはベストだと思います。
転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、時間が必要になります。
今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職のために費やせる時間は少なくなるでしょう。
そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職支援サイトの利用です。転職サイトに会員登録を行うことにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。
労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と書き換えておくと悪い印象を与えません。
ネガティブな転職理由も言い方を変更することで、ポジティブになります。
履歴書に記載するときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。

Contents

HOME

未分類

pagetop