35歳転職限界説は崩れたって本当?

35歳転職限界説はよく聞かれますよね。
この説によると、35歳以上だと転職できなくなるというものです。
いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当は、どうなのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。
今では、どの企業も生き残るために必死になっていますから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
求職活動のコツはと言えばハローワークと求人のサイトを上手に使うことでしょう。
最近は、定年後のシルバー層が対象の人材バンクといったものもあって、それぞれに合った仕事を紹介してくれる所もあります。
人材バンク、人材紹介会社などを見つけて、履歴などを登録して、自分にマッチした仕事に出会えるようにするのが仕事の探し方としてはベストだと思います。
転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、時間が必要になります。
今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職のために費やせる時間は少なくなるでしょう。
そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職支援サイトの利用です。転職サイトに会員登録を行うことにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。
労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と書き換えておくと悪い印象を与えません。
ネガティブな転職理由も言い方を変更することで、ポジティブになります。
履歴書に記載するときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。

英語ができる方のほうが就職活動で有利なのか?

英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、メリットになる可能性が高いです。
楽天などに見られるように、社内で話せる言葉が英語だけという会社もあるくらいですので、英語に強いとライバルたちに比べて選択できる会社が増えて、有利だと言えます。
履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取得しておくのが得策でしょう。
通常、転職する時、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営知識を有することが証明されるので自分は会社にとって貴重な戦力になりうると扱ってもらうことができるでしょう。
法律を熟知する行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
仕事を変えたいと思ったときには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取得していると採用へのアピールになってくれるかもしれません。
このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格になります。この資格を得るということは、つまり、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識やスキルが一定レベル以上にあると認められるわけです。
正社員に合格できない場合、その原因はその人の心構えにあるといえます。志望するその企業で働き、何がしたいのかがはっきりと決まっていないから、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。ちゃんと明確に、したい仕事が見つかって、情熱が伝わると学歴が必要になることもあるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。

転職理由で印象が悪くないものとは?

転職理由で当たり障りのないものは、スキルアップを目指したいためという理由が最も当たり障りなく、それに加え、相手企業にマイナスのイメージを与える恐れの少ない理由になります。
理由がスキルアップであるならば、当たり障りがないながらも、これからさらなるスキルアップを志しているというポジティブな印象を人事側に植えつけることができます。これといった目標もなしに大学を出て、仕事に就こうとしても、望み通りの職に就くのは難しいでしょう。
それで、仕事にやりがいを感じられずに辞めてしまって、転職しても、また辞めるという悪循環にはまってしまいがちです。
適職に一歩でも近づくためにも小さい頃からこれだという夢を持ち、努力することが大きなポイントです。転職するときの履歴書に、前職の会社名や勤務年数など、簡単な経歴を書くのみでは、履歴書をみた人事担当者にこれまでにやってきた仕事を知ってもらうことはできないのです。
どんな部署でどんな仕事を行い、どういった成果を残したのかやスキルを持つことができたかなどの説明を加えることで、人事に見てもらいやすくなります。
転職時の履歴書の書き方のコツですが、それまで在籍していた会社でどんな仕事をしていたのか、どんな業績があったのかなど、仕事でどんな成果を上げたのかをわかりやすく書くことが大切なところです。転職する際には、履歴書によって自己アピールすることが必要なのです。

Contents

HOME

未分類

pagetop